桂林排插价格社区

尺八的塑管补土(地付)

楼主:篁音堂 时间:2020-09-16 16:23:50

地を付けるとは







「竹」内部の壁面は凸凹です




凸凹の壁面に、パテを塗って、壁面を平らに成型します




壁面を、平らに成型する、だけでは、音になりません、歌口から抱き節まではティーパー状に細くなり、そこから管尻にかけてラッパ状に拡げていきます





内部构造



尺八製作の中で、一番難解な作業が、この内部構造、音の良し悪し、鳴る、鳴らないが、この管内の形で決まります。


尺八の断面は、上図に示す様に、唄口から抱き節にかけて、ほぼ真直ぐな直線で表されます、しかし、実際には上管と下管の壁面にわずかな膨らみが必要です。


この膨らみ加減はとても小さな値ですので、実際には、ほとんど直線にしか感じられません、このわずかな膨らみを持つ、内壁の曲線のことを理想曲線と呼んでいます。この様子を、正確に計測して、グラフで表してみましょう




グラフが示すとおり、内径の形状は直線ではありません、上管と下管にそれぞれ膨らみ部分があり、抱き節辺りでは、非常に細く絞られています。ここで一度絞られた空間は、再び徐々に広がりながら管尻に向かって開放されていきます。


目盛を測ると、膨らんでいる部分の距離は最大でもわずかに、0.05mm、このグラフは内径の直径を計っていますので、片側だけで見ると、その距離はさらに半分、0.025mmの数字になります


製管師はこの曲線を得るため、熟練とカンでこの空間を、作ってきました。


竹材の内部は、節がゴツゴツとした、凸凹の壁面です、これを前図の形にするにはこの壁面に何らかの地を塗って平にしなければなりません、


製管師の多くはこの地に漆を使います、漆j地と称して、漆と砥粉を混ぜ合わた、パテ状の漆地を、竹の壁面に貼り付けます、数日を経て漆が硬化したところで、ヤスリをかけ、平に削り出します、一度や二度では、平になりませんから、数回塗ったり削ったりを繰り返し、図の直線状態に整えます、さらに理想曲線グラフの形に近ずける作業は、ほとんどカンに頼った、熟練の成せる技です。





ここまで読むと、早々に諦めてしまう方もいるかも知れません、でも安心してください、本HPでは始めに述べている様に、初心者でも、簡単に管内を完璧に仕上げる方法を、紹介致します、



型尺棒


「型尺棒」と称する、この白い棒、シリコーンを素材として、尺八の理想曲線をそのまま、忠実に再現するための、型取り器具です、中心軸に挿入された、ソリッド材は、中心軸のぶれを解消すると共に、管尻の反り(曲がり)に対応した、柔軟な型取りを実現してくれます、



 


作業中外に漏れ出した、石膏は、バケツの中の水をかけながら、洗い流します、(もれた石膏は排水溝へは絶対に流さないで下さい、排水溝の穴が塞がって、使えなくなります)もれた溶液は全てバケツの中に回収してください。


15分もすれば、型を外すことが出来ます。上下の型尺棒を取り外し、中継部分を分離します、





管内的修补



管内を良く観察すると、所々に小さな凹みが、出来てしまう事があります、この部分の補修は、次の要領で修復します。

 




小皿に超石膏を水で溶き、それを細長いピペットを使って、吸い取ったり、先端に乗せたりして、凹み部分に運びます、凹み部分以外には、石膏がくっつかない様にピペットの先で凹み部分を探りながら、一つ一つ丁寧に埋めてください、埋める量は少し盛り上がる位が適当です。


超石膏が硬化したら、調律棒に、から研ぎ用、ペーパーヤスリをセットして平らに削り取ります、丸棒に紙ヤスリを巻いて削る方法は、丸棒にティーパが付いていないので、余分な所も削り取って、せっかく精密に仕上がった壁面の形を、傷つける事になります注意してください、


管内の削り粉をきれいに、掃除します、この時水を使ってはいけません、掃除機で吸い取ってください、


凹み部分が全て埋まったら、管内に瞬間接着剤を塗布します、細長い棒の先端にガーゼを両面テープで止め、管内に、瞬間接着剤を垂らし、ガーゼに接着剤をしみ込ませて素早く管の内壁に塗り拡げます、(ガーゼに浸した瞬間接着剤は刺激性の気体を発生します、防護メガネとマスクを着用すれば安全です)


瞬間接着剤を塗布した管内は、超石膏の壁面に接着剤がしみ込んで、表面が堅くコーテングされた状態になります、管内を覗くと、光が反射して明るくなりました、地付け作業はこれで完成です。







管内工作


尺八の製作に於いて 管内工作は、一番難しい製作ポイントです、音の良し悪し、鳴る、鳴らないが、この管内の形で決まります。



上に示すグラフは 1尺8寸管の内径 (歌口~管尻)を表しています  グラフの 縦軸は管の内径 横軸は管の長さを 計測したものです



尺八の断面は、左図に示す様に、歌口から抱き節にかけて、ほぼ真直ぐな直線で徐々に細く絞られています、しかし、実際には途中上管と下管の壁面に小さな膨らみがありますこの膨らみ加減はとても小さな値ですので、実際には、ほとんど直線的にしか感じられませんこのわずかな膨らみを持つ、内壁の曲線のことを理想曲線と呼んでいます。



竹の内部は 節と空間 で構成されていて 内径は複雑な凹凸の空間になっています、したがって、この様な理想曲線にはなっていませんので



竹の内部を理想曲線に仕上げるためには、内部構造を 変えなくてはなりません

竹 内部の壁面に「地」と称するパティ状の充填物を貼り付け、内部構造を理想曲線に仕上げていきます



製管師の多くはこの地に漆を使います、地漆と称して、竹の壁面に漆と砥粉を混ぜ合わせ、パティ状にして、竹の壁面に盛り付けます、数日を経て漆が硬化したところで、ヤスリをかけ、平に削り出します、一度や二度では、平になりませんから、数回塗ったり削ったりを繰り返し、グラフの直線状態に整えます、さらに理想曲線に近ずける作業は、ほとんどカンに頼った、熟練の成せる技です、



グフが示すとおり、理想曲線は、中継ぎを境に上管と下管にそれぞれ、幾分張り出した広がりがあります、抱き節の辺りは、非常に細く絞られています。ここで一度絞られた空間は、再び徐々に広がりながら管尻に向かって開放されていきます。



目盛を測ると直線から外れた距離は最大でもわずかに、0.1mm程の膨らみになります、このグラフは内径の直径を計っていますので、片側だけで見ると、その距離のさらに半分、0.05mmの数字になります



理想曲線を参考に、管内部を忠実に再現するためには、長年の経験と技術が必要になりますので



初心者にとって、ここが一番、苦労させられる、製作ポイントであります




型尺棒を使った管内作り


管内工作はとても難しい製作ポイントですが、初心者でも、簡単に管内を完璧に仕上げる方法を、紹介致します


従来の技術と型尺棒


はじめに、この型尺棒が、どんな経緯で、生まれたのか、説明いたします。

従来の伝統的な尺八製作方法は、管内の壁面に、地(漆と、との粉を混ぜ合わせたもの)を塗り、乾燥して固まった後、調律用砥石や紙ヤスリ等で壁面を削り、理想曲線に管内を仕上げてゆく方法、


あるいは、竹の中に石膏の様な成型材を流し込み、理想曲線に合わせて加工した棒状の物を押し入れて、一挙に管内を仕上げる方法、最近ではいろいろ試されているようです。


しかし伝統的な尺八製造方法では、管内に塗った地は直ぐに固まらず、又厚塗りが出来ない、調律砥石や紙ヤスリを使った削り作業に於いては、管内の内径を測定ゲージで、常に確認しながらの、難関な作業が要求され、かなりの熟練が必要とされると共に、多くの時間が費やされるという問題点がありました。


一方、成型材と加工した棒を使う方法は、真っ直ぐな竹にしか応用出来ないので竹材が限定される、曲がった竹材を無理に矯正する事に付いては問題点が多いし、曲りは尺八の音色や響きに関係する大事な部分でもあるし、形が悪くなり商品価値を著しく低下させます


さらに成型材の多くは、硬化した後、挿入した棒が簡単に外れない、例えば、地に超石膏を用い、挿入する棒に、竹、木材、プラスチック、ステンレス等の金属を使用した場合、成型材が完全に硬化した後では、いずれの場合も、全く外す事が出来ないほど成形材と棒が密着してしまいます、


型尺棒を使った管内作りは、従来の伝統的な尺八製造方法の難関な作業工程を、簡略化する事を目的としており、さらに成形材と型取り棒の組み合わせによる製管技術の問題点を、全て解決し、竹の長さ、太さ、管尻の曲がり、等に応じて変化する、尺八内径の理想曲線に、きめ細かく対応した、今までにない精度の高い製造方法を提供することを目的として開発されました


型尺棒の特徴


少し前置きが、長くなりましたが、型尺棒の特徴を説明いたします。



1)       型尺棒はシリコーンゴムを主成分として作られた、型取りシステムです、石膏などの完全に硬化した成型材からの取り外しも容易で、管      尻部の曲がりに対しても、全く問題無く、脱着できます。



2)       型尺棒の中心にソリッド材を装着することで、唄口から管尻までの一連の管内空間が中心軸に対してずれることが無く、理想的な管内空     間を作り出すことが出来ます、



3)       型尺棒は尺八内径の理想構造である理想曲線に基づいて、成形され、特殊な製造技術によりその精度は100分の5mmの原型を作り      出す事が出来ます



4)    尺八の地に最も適した超石膏を使うことが可能となり、従来の漆と砥の粉を使った地に比べ竹との癒着牲、硬化速度の速さ、安価で、か     ぶれる等の心配が無い、超石膏の地は補修や削り作業が手軽である、又超石膏は硬化した後、吸水牲が無いなど尺八の地として理想     的であります。



5)     型尺棒は何度でも繰り返し使えるので、同じ理想曲線を持つ尺八を何本でも作ることが出来ます、従って一定した製品を量産する事が     可能になります。



6)       尺八作りで一番面倒な内面加工が、非常にたやすく出来るため、趣味として自作の尺八を手軽に楽しむことが出来、その出来映えも一      段と完成度を高めることが出来ます。


下篇介绍:型尺棒使用時的作业顺序(原文建议使用微信进行译解)




《尺八调律法》含译文,点“阅读原文”获取。结束时间:12月9日。


朋友 图片 表情 草稿箱
请遵守社区公约言论规则,不得违反国家法律法规